Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ソフトABCと共栄火災、無償で「セキュリティ診断」を提供

富士ソフトABCと共栄火災海上保険は、共同で共栄火災の顧客に対し「システムセキュリティ簡易診断サービス」を無償で提供すると発表した。

富士ソフトABCが、希望顧客に対してリスク軽減のアドバイスを無料で提供するもの。診断項目は、ISMSやISO17799に準拠しているという。

また同社では、診断後に情報セキュリティ対策を必要とする企業に対して、「セキュリティポリシー」の策定や情報資産の調査、リスクの分析、コンサルティング、セキュリティ製品の提供、システム構築など「情報セキュリティソリューション」を販売する。

(Security NEXT - 2005/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催