Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ東北、訪問リスト紛失で127名分の顧客情報を流出

エヌ・ティ・ティ・ドコモ東北は、訪問活動を委託している会社の社員が、顧客宅を訪問している途中に、127名分の顧客情報が記載された訪問リストを紛失したと発表した。

同社では、利用者を対象に意見や要望などを聞く訪問活動を実施しているという。その活動中、青森県弘前市内において、委託会社社員が顧客情報の記載された訪問リストを紛失した。

紛失したリストには、同社と携帯電話の契約をしている127名分の氏名、住所、携帯電話番号が記載されていた。翌日、警察署に紛失届を提出したが、現時点ではまだ発見されていない。

同社では、被害に遭ったすべての顧客に対して謝罪し、事情説明のための訪問を実施した。また、電話での問い合わせも受け付けている。

(Security NEXT - 2005/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施