Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニー、カード番号が記載された利用票を紛失

ユニーは、アピタ刈谷店においてクレジットカード利用票50件を紛失したと発表した。氏名やクレジットカード番号など個人情報が含まれていた。

同社によれば、1階食品売り場のレジにて紛失したもの。購入額、カード名、クレジットカード番号、有効期限が記録されていた。少額のため、署名はなかったという。同社では、悪用の危険を考慮し、ホームページ上で紛失状況や今後の対策など詳細情報を公開している。

同社では警察へ被害届けを提出、関連する顧客に対しては、カード会社経由してカード番号の変更を呼びかける。また、少額決済時に顧客控えを印刷しない新型レジの導入を早急に完了させたいとしている。同社では、2004年9月にも利用票を紛失する事故が発生しており、ルールを変更していたが、今回の紛失を受け、さらに変更などを実施する。

(Security NEXT - 2005/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
RTOS「Zephyr」のBLEスタックに8件の脆弱性