Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleの人気音楽ソフト「iTunes」に脆弱性

Appleが提供している人気音楽ソフト「iTunes 4.x」に脆弱性があるとして、Appleやセキュリティ機関が注意を促している。

同問題は、「m3u」および「plsプレイリスト解析処理」にバッファオーバーフローの脆弱性がある問題で、攻撃者に任意のコードを実行される危険があるという。最新版「同4.7.1」では同問題が解決されている。

(Security NEXT - 2005/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「EC-CUBE」に2件のXSS脆弱性が判明 - アップデートなど公開
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター