Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTMLヘルプなどに3件の脆弱性 - マイクロソフトが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、HTMLヘルプや、カーソル処理およびフォーマットアイコンの処理などに3件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。脆弱性の深刻度は、最も深刻な「緊急」が2件、「重要」が1件となっている。

今回公開された脆弱性には、HTMLヘルプにおいて、情報の漏洩やリモートでコードが実行される脆弱性が含まれる。この脆弱性を悪用したウェブページを訪問すると、コンピューター内のファイルが読み取られたり、コンピューターを完全に制御される可能性があるという。

同社では、更新プログラムを早急に適用するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社