Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、12月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2004年12月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、12月唯一の新規ウイルスである「Zafi-D」が猛威をふるい、発見されてから日が浅いにもかかわらず、寄せられた報告の36.8%を占め、2004年の年間トップだった「Netsky-P」を抑えてトップになった。同ウイルスはクリスマスカードを装い、本文にはクリスマスを祝うメッセージなどを載せてユーザーの気を引き、添付ファイルを開かせようとする。

また、「Sober-I」は20.7%で先月と同じく2位。先月トップだった「Netsky-P」は15.5%で3位となっている。同社では、12月だけで964件の新規ウイルスを検知、駆除対応している。同社の統計では、12月に使用されたメールのうち5.6%以上がウイルスメールで、これは先月と同じ数値になるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Sober-I
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Bagle-AA
W32/Netsky-B
W32/Netsky-AD
W32/MyDoom-O

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性