Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、12月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2004年12月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、12月唯一の新規ウイルスである「Zafi-D」が猛威をふるい、発見されてから日が浅いにもかかわらず、寄せられた報告の36.8%を占め、2004年の年間トップだった「Netsky-P」を抑えてトップになった。同ウイルスはクリスマスカードを装い、本文にはクリスマスを祝うメッセージなどを載せてユーザーの気を引き、添付ファイルを開かせようとする。

また、「Sober-I」は20.7%で先月と同じく2位。先月トップだった「Netsky-P」は15.5%で3位となっている。同社では、12月だけで964件の新規ウイルスを検知、駆除対応している。同社の統計では、12月に使用されたメールのうち5.6%以上がウイルスメールで、これは先月と同じ数値になるという。

同社が発表したトップ10は以下の通り。

W32/Zafi-D
W32/Sober-I
W32/Netsky-P
W32/Zafi-B
W32/Netsky-D
W32/Netsky-Z
W32/Bagle-AA
W32/Netsky-B
W32/Netsky-AD
W32/MyDoom-O

(Security NEXT - 2005/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス