Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン、流出した会員情報から架空請求発生か?

ローソンは、同社およびローソン・シーエス・カードが発行するローソンパスカード会員2名より、架空請求の葉書が届いたとの連絡を受け、調査結果を発表した。

架空請求はインターネットの有料サイト料金に関するもので、差出人は実在しない架空業者だった。調査結果によれば、同請求書は、2003年6月に流出したローソンパスカード会員の個人情報に基づいて発送された可能性があるという。

同社では、架空業者の社名と住所を公表するとともに、架空請求書が届いた際の対応方法を同社サイトに掲載して、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開