Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン、流出した会員情報から架空請求発生か?

ローソンは、同社およびローソン・シーエス・カードが発行するローソンパスカード会員2名より、架空請求の葉書が届いたとの連絡を受け、調査結果を発表した。

架空請求はインターネットの有料サイト料金に関するもので、差出人は実在しない架空業者だった。調査結果によれば、同請求書は、2003年6月に流出したローソンパスカード会員の個人情報に基づいて発送された可能性があるという。

同社では、架空業者の社名と住所を公表するとともに、架空請求書が届いた際の対応方法を同社サイトに掲載して、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII