Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン、流出した会員情報から架空請求発生か?

ローソンは、同社およびローソン・シーエス・カードが発行するローソンパスカード会員2名より、架空請求の葉書が届いたとの連絡を受け、調査結果を発表した。

架空請求はインターネットの有料サイト料金に関するもので、差出人は実在しない架空業者だった。調査結果によれば、同請求書は、2003年6月に流出したローソンパスカード会員の個人情報に基づいて発送された可能性があるという。

同社では、架空業者の社名と住所を公表するとともに、架空請求書が届いた際の対応方法を同社サイトに掲載して、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、個人情報約2万件が流出 - コンサル会社
県立校で大学入学共通テストの自己採点結果を誤送信 - 愛知県
文学館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 埼玉県
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
個人情報が流出、元旦に脅迫メール - リラクゼーション店
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
土木防災情報システムのメールサーバに不正アクセス - 新潟県
12月のDDoS攻撃、件数微減となるも最大規模は拡大 - IIJ調査
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件