Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業をターゲットとした電子認証局を発売 - NECら3社

大塚商会、テンアートニ、NECの3社は、Linux版の電子認証局アプライアンス製品「CertWorker for EasyNetBox」を共同で開発、11月8日より販売を開始する。

同製品は、大企業で導入が進んでいる独自電子証明書を発行管理する電子認証局を中堅や中小企業でも利用できるよう開発された。

クライアント証明書発行における年間コストを、他の商用サービスを利用した場合に比べ約1/10に抑えることができる。また、豊富なユーティリティアプリケーションや管理コンソール機能などの提供により高い運用性を実現しているという。

(Security NEXT - 2004/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市