Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コクヨS&T、PCの不正使用を防止するセキュリティ対策製品を発売

コクヨS&Tは、オフィスにおける情報セキュリティ対策製品として、USB認証キー「FILSAFER KEY」、ノートPCを収納する保管庫「ノートPCセキュリティタワー」および「ノートPCキャビネット」を、11月15日に発売する。

「FILSAFER KEY」は、USBポートに抜き差しするだけでパソコンのロックを施錠、開錠できる認証キー製品。同製品を抜き取ると、画面がスクリーンセーバに切り変わり、マウスやキーボードなどパソコンの操作を停止する「スクリーンセーバロック」状態になる。価格は9975円。

「ノートPCセキュリティタワー」は、デスクの下に設置するスチール製の保管庫で、引出しの上棚にはノートパソコン1台、下棚には小物を収納できる。引出しには4桁のダイヤルロック式の鍵が付いているため、パソコンの不正使用や盗難を防ぐことができる。価格は2万9925円。

「ノートPCキャビネット」は、A4サイズで最大20台、B5サイズで最大30台のノートパソコンを集中保管できる移動式のキャビネット。両開きの扉が施錠できる。価格は13万4400円。

(Security NEXT - 2004/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性