Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県が県立図書館情報漏洩事件の処分発表 - 委託業者を指名停止処分に

三重県は、10月16日に判明した県立図書館利用者の情報流出事件への対応として、業者への処分および再発防止策を発表した。

同事件は、システム開発を受託していたNECグループ社員が無断でデータを持ち出し、自宅のパソコンに保存、そのパソコンが盗難に遭ったもの。13万3000人分の個人情報が流出したとみられている。

同県は事件への対応として、個人情報の適正な管理に関する条項に違反したという理由により、2004年11月5日から2005年2月4日までの3ヶ月間、NEC三重支店などを指名停止処分にすると決定した。

また再発防止に向けて、業務用パソコンへの暗号ソフトの導入や、内部監査の実施、リモートでのシステム保守から人的作業への切り替えなどといった改善策を講じるよう、同支店に指示した。さらに、全庁的な個人情報保護の徹底も実施するとしている。

(Security NEXT - 2004/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認