Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日能研、個人情報の流出に関する調査状況を発表

日能研は、個人情報流出事件に関する調査の途中報告と、再発防止策を発表した。

これまでの社内調査により、流出項目が生徒の氏名、生年月日、性別、学年および保護者の氏名、郵便番号、住所、電話番号であることが判明した。

同社は、事件に関与していたグループ社員を特定し、すでに懲戒解雇処分を行っている。しかし流出経路についてはまだ特定されておらず、今後も調査を進めていくという。

同社ではすでに実施されている再発防止策として、コンピュータールームへの入室制限や、検索できる個人情報の制限、およびパスワードの変更などを挙げている。また、あらたな事実が判明しだい、速やかに公表する予定。

(Security NEXT - 2004/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース