Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者金融の社員が個人信用情報を不正取得 - 1500件を転売

消費者金融大手シンキの子会社であるアルコは、同社社員が2002年11月から2004年5月にかけ、全国信用情報センター連合会加盟の各信用情報機関の保有する個人信用情報を不正に取得し、転売していたことを明らかにした。

現在、1541 件の流出が確認されており、いずれも氏名や借り入れ状況などが含まれている。同社では2000件程度が漏洩していると推測しているが、一部マスコミの報道では、7000件が売却されていたとの情報もある。

(Security NEXT - 2004/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース