Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪急交通の顧客情報62万件が流出

阪急交通社は、約62万人の顧客情報が流出したと発表した。現在、警察と協力し、調査を進めている。

今回流出したデータは、同社会員誌を送付している62万人分で、氏名、住所、電話番号、生年月日などが含まれていた。同社では、架空請求を受けたとの苦情を複数の顧客から受け、調査を実施。流出が明らかになったという。

(Security NEXT - 2004/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
BlackBerryとDeloitte、自動車や重要インフラのOSS管理や脆弱性対策で提携
運営を受託するビジネス施設の会員メールアドレスが流出 - 静岡鉄道
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意