Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

証券会社から顧客情報が流出か

読売新聞は4月7日に、中堅証券会社、藍澤證券の顧客情報3万8000人分が流出したとの記事を掲載した。

読売新聞では、旧平岡証券の顧客2名分の顧客情報(カタカナ姓、住所の地名、電話番号の市外、局番、資産の金額)を入手したという。

アイザワ証券では「調査委員会」を設置、2名の顧客データが同社の顧客データと一致するか確認作業を進めているほか、実際に3万8000人分の顧客情報が流出したか現在調査を進めている。

(Security NEXT - 2004/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道