Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

証券会社から顧客情報が流出か

読売新聞は4月7日に、中堅証券会社、藍澤證券の顧客情報3万8000人分が流出したとの記事を掲載した。

読売新聞では、旧平岡証券の顧客2名分の顧客情報(カタカナ姓、住所の地名、電話番号の市外、局番、資産の金額)を入手したという。

アイザワ証券では「調査委員会」を設置、2名の顧客データが同社の顧客データと一致するか確認作業を進めているほか、実際に3万8000人分の顧客情報が流出したか現在調査を進めている。

(Security NEXT - 2004/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ