Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「7pay」の不正利用で補償対応を開始 - クレカチャージはカード会社で対応

コード決済サービス「7pay」において不正利用の被害が発生した問題で、セブン・ペイは被害に遭った顧客への補償対応を開始した。

今回対象となるのは、「nanacoポイント」から身に覚えのないチャージ被害に遭った顧客や、自身でチャージした残高を第三者に利用された顧客。7pay事務センターより電話で順次連絡を取り、補償に関する案内を行う。

クレジットカードで不正にチャージされた顧客については、不正チャージ分の引き落としがされないよう対応を進めている。デビットカードについても、被害額の払い戻しを進めている。

利用明細などを確認し、身に覚えのない取り引きが行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「7pay」が被害状況を更新、807人3860万円の被害を認定
「7iD」のパスワードを一斉リセット - セブン&アイHD
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
「7pay」不正利用問題で対策プロジェクトを立ち上げ - セブン&アイHD
経産省、キャッシュレス決済事業者に不正対策要請 - 「7pay」でガイドライン守られず
「7pay」が全面的にチャージ停止 - 「7iD」のPW再設定機能は修正中
「7pay」で不正利用被害 - 使い回しなど推測容易なPW利用は危険