Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も

環境省の「洋上風力発電実証事業」である「GOTO-FOWTプロジェクト」のウェブサイトが改ざんされ、不正なページが設置されたり、外部サイトへ誘導される状態になっていたことがわかった。

20181227_en_001.jpg
改ざんにより設置されたページが検索エンジンより表示される状態となっている。設置された不正ページは正規サイトなどからデータを盗用し、作成したものと見られる

同サイト内に正規サイトなどから盗用したデータを用いて作成したと見られる偽通販ページが設置されていたもの。

さらに抗不安薬といった薬物をはじめ、通信販売サイトに見せかけたフィッシングサイトと見られる無関係の外部サイトへ誘導するリンクなども複数埋め込まれていた。

同事業の検索結果にインターネット通販のサイトが表示されているとの通報が寄せられ、問題が発覚。同省では同サイトの公開を停止した。同サイトにおいて機密情報は取り扱っておらず、情報漏洩は発生していないという。

同省は、サイトの管理を委託していた事業者へ原因調査を指示するとともに注意喚起を実施。同サイトを閲覧した利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう求めるとともに、情報提供を呼びかけた。

改ざんされたサイトは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」を利用し、脆弱性を含む古いプラグインなどが用いられていた可能性がある。

(Security NEXT - 2018/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導