Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結

ユーロポールは、各国との連携により海賊版を販売する約3万3600件のドメインのテイクダウンを実施したと発表した。

「In Our Sites(IOS)作戦」は、映画やテレビ番組、音楽、ソフトウェア、医薬品、家電など知的財産を侵害する海賊商品を扱うサイトを一斉摘発する取り組み。ユーロポールの知的財産権犯罪対策連合(IPC3)が2014年以降実施しており、今回で9回目となる。

今回の作戦では、偽造品対策の団体やブランド所有者をはじめ、EU加盟国やインターポールの呼びかけにより協力国など26カ国の法執行機関が参加した。

同作戦を通じて12人の容疑者を逮捕。犯行に用いられた前回作戦の2万205件を大きく上回る3万3654件のドメインのほか、銀行口座や支払プラットフォーム、仮想通貨口座など押収、犯行で得たと見られる100万ユーロ以上を凍結したという。

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
東京税関とACCSが海賊商品の水際対策でキャンペーン
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も