Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意

クレジットカードの大手ブランドが提供する本人認証サービス「3Dセキュア」のパスワードを詐取するフィッシング攻撃が確認された。

20181109_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「3Dセキュア」は、インターネットにおけるクレジットカード決済時に、クレジットカード情報にくわえ、事前登録したパスワードを求めることで不正利用を防止する本人認証サービス。

大手カードブランドになりすまし、クレジットカード情報にくわえ、パスワード情報もだまし取ろうとするフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フィッシングメールは、「Your credit card has been suspended 」といった件名で送信されており、クレジットカードの確認で問題が検出され、カードをロックしたなどと説明。24時間以内に問題を解決しないと不正使用される可能性があると不安を煽り、解除手続きなどと称して偽サイトへ誘導していた。

誘導先の偽サイトでは、名前やカード番号、有効期限、セキュリティコードにくわえ、パスワードの入力を要求する。

11月9日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。フィッシングサイトのURLは、現在確認されているだけで5件にのぼっており、類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品