Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失

電子書籍を作成、販売できるサービス「BCCKS」が不正アクセスを受け、一部データが改ざん被害に遭ったことがわかった。

同サービスを運営するBCCKSによれば、9月11日3時から6時ごろにかけて、サーバが不正アクセスを受けたもの。

書籍の本文データや書評のコメントなど、データベース内の一部データが不正に書き換えられ、編集作業を正常に行えない状態に陥った。不正アクセスによる個人情報の流出は確認されていないとしている。

同社は不正アクセス対策を実施。また本来のデータに回復するため、サービスを停止してデータのロールバックを実施。9月10日5時の状態に戻したため、以降に行われたデータについて消失し、復旧は難しい状態だという。

同社では、ブラウザ内のデータや、発行済み書籍からデータを復元できる場合があるとして、対策を案内。システム上のキャッシュ内にデータが残っている可能性もあり、問い合わせがあれば同社で調査して復元が可能か知らせるとしている。

(Security NEXT - 2018/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起