Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社

システム開発を手がけるシステムフロンティアは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台に利用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月15日に従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、不特定多数に対する迷惑メールが送信されたという。

また、一部受信メールが閲覧され、メールに含まれる氏名とメールアドレス15件が漏洩した。

同社では、不正アクセスを受けたメールアカウントのパスワードを変更。その後、不正利用は発生していないという。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
米Dellに不正アクセス、フォレンジック調査の結果を公表
クラフト素材の通販サイト「ZOWHOW」に不正アクセス - クレカ情報流出か
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構