Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース

OpenSSLの開発チームは、セキュリティアップデートとなる「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」を公開した。

今回のアップデートは、以前に修正が予告されていた2件の脆弱性やバグのフィクスを実施したもの。

TLSハンドシェイク時の鍵生成で長い時間を消費させ、サービス拒否を生じさせることが可能となる脆弱性「CVE-2018-0732」や、RSAキー生成時において、キャッシュのタイミングに関わる脆弱性「CVE-2018-0737」に対処した。

脆弱性の重要度は、いずれも「低(Low)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「ColdFusion」に深刻な脆弱性、セキュリティアップデートが公開
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
「サイボウズ Garoon」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - パッチをリリース
ソフトウェアPLC「INplc-RT」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性