Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説

JPCERTコーディネーションセンターは、工場へ産業用IoT機器を導入する際に、セキュリティ対策で注意すべき基本的なポイントをまとめた資料を公開した。

20180809_jc_001.jpg
「工場における産業用IoT導入のためのセキュリティファーストステップ」の目次

今回公開した、「工場における産業用IoT導入のためのセキュリティファーストステップ」は、中小規模の製造事業者を対象としたセキュリティ対策の解説資料。

経営者や制御システムの現場担当者、構築を担うSIerなどを想定読者としている。

同資料では、サイバー攻撃による影響が、自社はもちろんサプライチェーン全体に影響を及ぼす可能性があると指摘し、対策を呼びかけている。

具体的には、工場設備の監視を行うセンサーや、ネットワーク接続が可能な制御機器など、工場へIoT機器を導入した際に発生しうる影響など、リスクについて解説。

その上で調達やネットワーク構成時におけるセキュリティ対策の考え方や、実施すべき対策など、一定のセキュリティレベルを確保するために求められる基本的なポイントを紹介している。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュアとWurldtech、制御システムのセキュリティ対策で協業
第三者が閲覧できるネットカメラ、都内だけで約3000台
「SHODAN」に類似サービス - ネット接続機器の登録状況確認を
デジタルガーディアンが事業展開を強化 - 制御機器向けソリューションも