Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

Linuxカーネルにおいて、DoS攻撃に悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-5390」が含まれていることがわかった。

同脆弱性は、研究者のJuha-Matti Tilli氏が発見したもので、「同4.9」以降では、TCPセッションの途中で細工したパケットを受信すると、大量のリソースを消費する脆弱性「CVE-2018-5390」が存在。リソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがあるという。

解放しているポートにおいてリモートより攻撃を受けるおそれがあるが、サービス拒否を引き起こすには、双方向の通信が必要となるため、IPアドレスを偽装した上で攻撃を行うことはできないとしている。

脆弱性の判明を受けてLinuxカーネルの脆弱性を修正するパッチがリリースされており、各ディストリビューションのリリースへ注意するよう呼びかけられている。

20180807_cc_001.jpg
CVSSのスコア(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
「VMware ESXi」などに複数脆弱性 - アップデートをリリース
NVIDIA製「GPUディスプレイドライバ」に複数脆弱性
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
【追記あり】「VLCメディアプレイヤー」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
三菱電機製「インバータ」制御ソフトに2件の脆弱性
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート
Linux SACK処理の脆弱性、VMwareの31製品に影響