Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ

Linuxカーネルにおいて、DoS攻撃に悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2018-5390」が含まれていることがわかった。

同脆弱性は、研究者のJuha-Matti Tilli氏が発見したもので、「同4.9」以降では、TCPセッションの途中で細工したパケットを受信すると、大量のリソースを消費する脆弱性「CVE-2018-5390」が存在。リソースが枯渇し、サービス拒否に陥るおそれがあるという。

解放しているポートにおいてリモートより攻撃を受けるおそれがあるが、サービス拒否を引き起こすには、双方向の通信が必要となるため、IPアドレスを偽装した上で攻撃を行うことはできないとしている。

脆弱性の判明を受けてLinuxカーネルの脆弱性を修正するパッチがリリースされており、各ディストリビューションのリリースへ注意するよう呼びかけられている。

20180807_cc_001.jpg
CVSSのスコア(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
DNSサーバ「NSD」に脆弱性、「TSIG秘密鍵」漏洩のおそれ
「VMware Horizon View Agent」や「VMware ESXi」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃やMITM攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性
DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ
スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認