Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開

個人情報保護委員会は、個人識別符号に関する海外と国内の動向、および海外の個人情報保護制度に関する調査報告書を公開した。

「個人識別符号に関する海外・国内動向の調査研究報告書」は、身体の特徴に関するデータを活用した生体認証について、諸外国における制度的な対応状況や、利用動向、技術動向などを、文献調査やヒアリングに基づき取りまとめたもの。

また「諸外国の個人情報保護制度に係る最新の動向に関する調査研究」は、米国や中国、ロシア、カナダなど13カ国、および経済協力開発機構(OECD)、アジア太平洋経済協力(APEC)、欧州評議会(CoE)などの国際機関を対象に、個人情報保護制度の最新の動向について調査した。

法令の名称や漏洩発生時の報告義務に関する規定、安全管理措置に関する規定、越境執行協力の内容や適用範囲などについてまとめている。

(Security NEXT - 2018/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か