Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か

日本セーリング連盟(JSAF)のオリンピック強化委員会が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざんされたことがわかった。使用していない古いCMSの脆弱性が悪用された可能性もあるという。

同連盟によれば、同連盟のオリンピック強化委員会が独自にレンタルサーバで運営していたウェブサイトが不正アクセスを受け、改ざん被害が発生したもの。7月17日10時ごろ、外部サイトへ誘導される状態となっていることに気が付いた。

サイトのほぼすべてのページにあたる約730ページで呼び込まれるJavaScriptのファイルが改ざんされ、外部サイトへ誘導される状態が発生。アダルトサイトなどへ誘導されたことが確認されているが、誘導先が変化するため、攻撃者の詳しい動機などはわかっていない。

また改ざんされた原因については、レンタルサーバ会社よりアクセスログなどの提供を受けることができず、詳細な調査が行えなかったとしており、明らかになっていない。サイト内には現在は使用していない古い「WordPress」のファイルが存在しており、脆弱性を突かれた可能性もあるという。

(Security NEXT - 2018/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
各務原市の音楽フェスサイトが改ざん被害 - 不正サイトに誘導
一部サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - 広島大
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
札幌市のアーティスト支援施設でサイト改ざん - 外部に不正誘導
コインマイナー埋込狙う「Drupal」への脆弱性攻撃が発生 - 当初の一部緩和策に誤りも
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
WP用プラグインの開発者サイトに不正アクセス、顧客にメール - 元従業員が侵入か