Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意

フィッシング対策協議会は、セゾンカード利用者向けのウェブサービス「セゾンNetアンサー」を装い、アカウント情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけた。

20180604_pt_002.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、「あなたのカードを再アクティブ化」といった件名で送信されているもの。

本文では、「不規則なパターンがあなたの毎日のカード使用パターンで検出された」などと説明。クレジットカードに利用制限がかかっているかのように思い込ませ、「再アクティブ化」などとして偽サイトへ誘導しようとしていた。

問題のメールには、「カードが虐待されている可能性がある」「応答があなたのカードよりも受信していない場合にはさらなる調査に中断されます」など不自然な日本語の言い回しも目立ち、機械翻訳などで作成された可能性がある。

誘導先のフィッシングサイトは、6月4日の時点で稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す