Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か

「ゲーム」や「教育アプリ」に偽装した不正アプリ38種がGoogle Playで流通していたことがわかった。

20180514_sy_001.jpg
問題のアプリが公開されている様子(画像:シマンテック)

問題の不正アプリはシマンテックが確認したもの。

2017年12月ごろより公式ストアであるGoogle Play上で流通していたという。

米国やイギリス、南アフリカ、インド、日本、エジプト、ドイツ、オランダ、スウェーデンなどのユーザーを中心に、1万台以上のデバイスにダウンロードされていた。

アプリの説明にある「ゲーム」や「教育アプリ」などの機能は備えておらず、他アプリや特定サイトへの誘導を目的としていたと見られる。

(Security NEXT - 2018/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を
ルータのDNSを変更する不正Androidアプリ - ダウン時備えセカンダリも指定