Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製FA統合ツールパッケージに複数の脆弱性

オムロンのファクトリーオートメーション向け統合ツールパッケージ「CX-One」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

脆弱性が明らかになったのは、「CX-One Version 4.4.2」に含まれる「CX-FLnet 1.00」「CX-Protocol 1.992」「CX-Programmer 9.65」「CX-Server 5.0.22」「Network Configurator 3.63」「Switch Box Utility 1.68」。以前のバージョンも影響を受ける。

「バッファオーバーフロー」の脆弱性「CVE-2018-7514」「CVE-2018-8834」や、型の取り違えの脆弱性「CVE-2018-7530」が明らかになったもの。脆弱性を悪用されると、リモートより任意のコードを実行されるおそれがあるという。

セキュリティ機関では最新版にアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供
「Joomla 3.9.13」がリリース - 脆弱性2件を修正
フリマアプリ「ラクマ」に認証情報漏洩のおそれ
「Office for Mac」の「マクロ無効設定」が回避されるおそれ
オムロン製安全回路プログラミングツールに脆弱性 - アップデートがリリース
トレンドマイクロ「Apex One」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Chrome」に2件の脆弱性、アップデート公開 - ゼロデイ攻撃も確認
「Samba」に3件の脆弱性 - アップデートがリリース
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限