Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研のネット接続再開に目処 - 他国立研究開発法人では被害確認されず

産業技術総合研究所が2月に不正アクセスを受け、インターネット接続を遮断している問題で接続再開に目処が立ったことが明らかになった。

問題となった不正アクセスは、産総研において2月6日に確認したもの。重大なセキュリティインシデントであると判断し、知的財産や個人情報の漏洩の可能性も含めて影響の範囲や原因などの調査を進めている。

産総研では、インターネット接続を遮断し、安全を確認できた業務システムより順次再開する方針を示していたが、管内閣官房長官は3月15日の記者会見で、インターネット接続についても目処が立っているとの報告を受けていることを明らかにした。

また内閣サイバーセキュリティセンターにより調査を実施し、ほかの主要国立研究開発法人において同様の被害が発生していないことを確認したという。今回の問題を受けて管氏は、サイバーセキュリティの脅威が飛躍的に高まっているとの認識を改めて示し、政府としてもしっかり対応していくことを強調した。

(Security NEXT - 2018/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
海外子会社に不正アクセス、スパムの踏み台に - 化学工業メーカー
子会社従業員のなりすましメールに注意喚起 - 読売テレビ
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で