Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働

2017年10月に「Office 2007」のサポートが終了したが、引き続き多数の端末で稼働していることがわかった。11月には危険性が高い脆弱性を修正できるアップデートが例外的に公開されているが、後継製品への移行が急がれる状態に変わりはない。

トレンドマイクロが同社製品の利用者において、同意を得た上で「Office」などの利用動向について継続的に調査を実施しており、11月末の状況について取りまとめたもの。

サポート終了直前の9月には、「Office」利用者の8.6%にあたる40万6132台で「Office 2007」の稼働が確認されているが、10月10日を経過しても引き続き利用されており、稼働台数は11月末の時点で30万3111台にのぼる。

2カ月間弱で約4分の3に縮小したものの、引き続き多くのユーザーが「Office 2007」を使用していた。これらはあくまでトレンドマイクロ製品の利用者における統計であり、調査対象外の環境を含めれば、実際はより多くの端末が稼働していることになる。

20171227_tm_001.jpg
「Office 2007」の利用状況(グラフ:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2017/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査