Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit

ディアイティは、米BluVectorのセキュリティアプライアンス製品「BluVector」の取り扱いを開始した。

20171116_di_001.jpg
BluVector

同製品は、定義ファイルを用いず、複数の機械学習エンジンを用いて不正侵入を検知するセキュリティアプライアンス。

ネットワークの境界でインバウンドとアウトバウンドのトラフィックを検査。分析フレームワークを用いて、セキュリティイベント前後において脅威を判断するためのデータを作成。既存のセキュリティソリューションと共有できる。

1年間のサブスクリプション価格は、1Gbps版が2700万円。10Gbps版が4968万円。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化