Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit

ディアイティは、米BluVectorのセキュリティアプライアンス製品「BluVector」の取り扱いを開始した。

20171116_di_001.jpg
BluVector

同製品は、定義ファイルを用いず、複数の機械学習エンジンを用いて不正侵入を検知するセキュリティアプライアンス。

ネットワークの境界でインバウンドとアウトバウンドのトラフィックを検査。分析フレームワークを用いて、セキュリティイベント前後において脅威を判断するためのデータを作成。既存のセキュリティソリューションと共有できる。

1年間のサブスクリプション価格は、1Gbps版が2700万円。10Gbps版が4968万円。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大