Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit

ディアイティは、米BluVectorのセキュリティアプライアンス製品「BluVector」の取り扱いを開始した。

20171116_di_001.jpg
BluVector

同製品は、定義ファイルを用いず、複数の機械学習エンジンを用いて不正侵入を検知するセキュリティアプライアンス。

ネットワークの境界でインバウンドとアウトバウンドのトラフィックを検査。分析フレームワークを用いて、セキュリティイベント前後において脅威を判断するためのデータを作成。既存のセキュリティソリューションと共有できる。

1年間のサブスクリプション価格は、1Gbps版が2700万円。10Gbps版が4968万円。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
Find Job!で一部求職者情報が外部よりアクセス可能な状態に
ログイン情報だまし取る「偽Uberアプリ」 - 正規アプリ表示で詐取を隠ぺい
NRIセキュア、海外拠点を実地調査するアセスメントサービス
仮想通貨取引所ZaifのAPIキーに不正アクセス - 不正な取引や引出が発生
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
可視光利用した手のひら静脈認証で実証実験
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性