Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開

不正アクセスによる情報流出を受け、クレジットカード決済を停止していたプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」の関連サイトが、約4カ月ぶりにクレジットカード決済を再開した。

同リーグよりぴあが運営を受託していたチケットサイトや、ファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受け、対応を進めていたもの。クレジットカード情報約3万2000件を含む最大15万5000件の顧客情報が流出した可能性が判明。不正使用による被害も確認されている。

同リーグでは、3月25日に関連サイトにおけるクレジットカード決済機能を停止するとともに事態を公表。原因の調査やセキュリティ対策、安全確認などを進めていた。

今回の問題を受けて、クレジットカード情報の非保持化と決済代行会社による処理へ切り替えを実施。セキュリティ対策として、ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)や24時間体制のシステム監視などを導入したほか、データベースへのアクセスを制限した。

同リーグは、これらにより対策を完了したとし、B.LEAGUEでは、チケットサイト、ファンクラブ入会受付サイト、オンラインショップにおけるクレジットカード決済を8月5日より再開している。

(Security NEXT - 2017/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーミュージックの公式サイトが改ざん - 原因は調査中
不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
不正アクセスで会員サイトが改ざん - 市進教育グループ
不正アクセスを受けた通販代行サービスが再開断念
ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず