Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん

香川県立保健医療大学のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされたことがわかった。マルウェアの配布などに悪用された形跡はないという。

同県の発表によると、6月15日16時半ごろ、同大のウェブサイトが改ざんされていることを大学職員が確認したもの。サイトの新着情報欄に犯行声明の文字列が表示され、クリックすると政治的なメッセージ画像が表示される状態だった。

同大では、ウェブサイト作成を委託した事業者に連絡してサイトを停止。改ざんについて調査しているが、6月15日の時点では、マルウェアの感染や情報流出などの痕跡は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ