Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IE向けActiveX版のFlash Player 、99%が旧版 - Avast調査

「Internet Explorer」向けに提供されているActiveXコントロール版の「Adobe Flash Player」の大半が、アップデートされていないことがわかった。「JRE」も同様にアップデートを実施していないユーザーが目立っている。

Avast Softwareが、ワールドワイドでWindowsを利用する1億1600万ユーザーの匿名データを調査。2017年第1四半期における傾向を取りまとめたもの。人気が高い一方、重要なアップデートが提供されているソフトウェアの52%以上が、アップデートされていなかったという。

最新バージョンへアップデートされていないソフトウェアとして最も多く利用されていたのは、「Java Runtime Environment(JRE)」の「同6」および「同7」。いずれもすでにサポートが終了しており、アップデートそのものができない状態となっている。

同社によると調査対象の約半数が「Java Runtime Environment(JRE)」を導入しているが、そのうち25%が「同6」「同7」をいまだに利用していた。またサポート中の「同8」に関しても、70%が最新の状態ではなかった。

(Security NEXT - 2017/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加