Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開

Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX 3」に対応する復号ツールを公開した。無償で利用できる。

「CryptXXX」は、ファイルの暗号化にくわえデータとビットコインを窃取するランサムウェア。「同1」「同2」については、すでに復号ツールを提供しているが、今回あらたに、「同3」に対応した復号ツールを開発した。同ツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が「.crypt」「.cryp1」「.crypz」のファイルを復号できる。

同ランサムウェアは、エクスプロイトキット経由で拡散され、4月以降に同社では8万を超えるユーザーにおいて攻撃を検知。国別の割合を見ると日本は4.5%で、「米国」「ロシア」「ドイツ」に次いで多いという。

今回開発した復号ツールは、同社のサポートサイトおよびランサムウェア対策プロジェクト「No More Ransom」のウェブサイトから入手できる。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
54%の企業が2017年にランサムウェア攻撃を経験 - 平均損害額は13万ドル
サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
NTTデータでランサムウェア感染 - 被害拡大なく、すでに対処済み
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ