Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開

Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX 3」に対応する復号ツールを公開した。無償で利用できる。

「CryptXXX」は、ファイルの暗号化にくわえデータとビットコインを窃取するランサムウェア。「同1」「同2」については、すでに復号ツールを提供しているが、今回あらたに、「同3」に対応した復号ツールを開発した。同ツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が「.crypt」「.cryp1」「.crypz」のファイルを復号できる。

同ランサムウェアは、エクスプロイトキット経由で拡散され、4月以降に同社では8万を超えるユーザーにおいて攻撃を検知。国別の割合を見ると日本は4.5%で、「米国」「ロシア」「ドイツ」に次いで多いという。

今回開発した復号ツールは、同社のサポートサイトおよびランサムウェア対策プロジェクト「No More Ransom」のウェブサイトから入手できる。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出