Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開

Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX 3」に対応する復号ツールを公開した。無償で利用できる。

「CryptXXX」は、ファイルの暗号化にくわえデータとビットコインを窃取するランサムウェア。「同1」「同2」については、すでに復号ツールを提供しているが、今回あらたに、「同3」に対応した復号ツールを開発した。同ツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が「.crypt」「.cryp1」「.crypz」のファイルを復号できる。

同ランサムウェアは、エクスプロイトキット経由で拡散され、4月以降に同社では8万を超えるユーザーにおいて攻撃を検知。国別の割合を見ると日本は4.5%で、「米国」「ロシア」「ドイツ」に次いで多いという。

今回開発した復号ツールは、同社のサポートサイトおよびランサムウェア対策プロジェクト「No More Ransom」のウェブサイトから入手できる。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、複数顧客環境で「WannaCrypt」被害を確認 - 百数十台規模
攻撃グループ「Lazarus」の「WannaCrypt」関与であらたな証拠 - 関連ツールが共通のC2サーバを利用
「WannaCrypt」に北朝鮮の攻撃グループ「Lazarus」関与か - 使用ツールに共通コード
JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET
「WannaCrypt」感染の9割超が「Windows 7」- 「Windows 10」でも
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
【特別企画】「WannaCrypt」を徹底検証、シマンテックとSecurity NEXTが緊急対談
サイバーリーズン、ランサムウェア対策ツールを個人向けに無償提供
「WannaCrypt」感染端末からの通信、一時減少するも再度増加
ランサムウェア感染も行政ネットワークに影響なし - 川崎市