Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開

Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX 3」に対応する復号ツールを公開した。無償で利用できる。

「CryptXXX」は、ファイルの暗号化にくわえデータとビットコインを窃取するランサムウェア。「同1」「同2」については、すでに復号ツールを提供しているが、今回あらたに、「同3」に対応した復号ツールを開発した。同ツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が「.crypt」「.cryp1」「.crypz」のファイルを復号できる。

同ランサムウェアは、エクスプロイトキット経由で拡散され、4月以降に同社では8万を超えるユーザーにおいて攻撃を検知。国別の割合を見ると日本は4.5%で、「米国」「ロシア」「ドイツ」に次いで多いという。

今回開発した復号ツールは、同社のサポートサイトおよびランサムウェア対策プロジェクト「No More Ransom」のウェブサイトから入手できる。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
【特別企画】要警戒の「ランサムDDoS」、名和氏の生々しい解説資料が公開中
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」