Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、「CryptXXX 3」の復号ツールを公開

Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX 3」に対応する復号ツールを公開した。無償で利用できる。

「CryptXXX」は、ファイルの暗号化にくわえデータとビットコインを窃取するランサムウェア。「同1」「同2」については、すでに復号ツールを提供しているが、今回あらたに、「同3」に対応した復号ツールを開発した。同ツールでは、暗号化されたファイルの拡張子が「.crypt」「.cryp1」「.crypz」のファイルを復号できる。

同ランサムウェアは、エクスプロイトキット経由で拡散され、4月以降に同社では8万を超えるユーザーにおいて攻撃を検知。国別の割合を見ると日本は4.5%で、「米国」「ロシア」「ドイツ」に次いで多いという。

今回開発した復号ツールは、同社のサポートサイトおよびランサムウェア対策プロジェクト「No More Ransom」のウェブサイトから入手できる。

(Security NEXT - 2016/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
マルウェアメールの着信国、日本が2番目
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
2016年下半期、検出マルウェアの4件に1件がランサムウェア
ランサム被害報告が前年比3.5倍、法人8割超 - 英語スパム経由の感染も後を絶たず
ランサムウェアと戦う高専生を資金や技術面で支援 - ラック
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
なぜ? 念入りにセキュリティソフトを暗号化対象からはずすランサムウェア