Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中高生向けサービス「ゴルスタ」が終了 - 問題行為の発覚で

中高生向けSNSアプリ「ゴルスタ」について、運営会社のスプリックスは、その後従業員の問題行為が発覚したとして同サービスを終了すると発表した。

同サービスにおいて、運営担当者がイベントで取得した利用者の個人情報をTwitterに書き込む問題が発覚。その後実施した調査で、一部運営担当者による重大な問題行為が発覚し、サービスの中止を決めたもの。

同社では一部利用者から問題などが指摘され、トラブルの原因ともなった運営方針について調査を実施。その結果、アカウント停止をしたユーザーをすぐに削除せず、一定期間見せしめのような状態に置くなど問題行為が確認された。

同社は、同問題について、運営部門を含む全社的な問題であり、教育事業を展開する同社にとって重大な結果であるとしてサービスの停止を決定したという。

(Security NEXT - 2016/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
小学校で図書館利用データ含むHDDが所在不明 - 大阪市
電子契約書サービスに不正アクセス - 利用者情報が流出
不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
不正アクセスを受けた通販代行サービスが再開断念
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック