Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製の一部ルータ製品に脆弱性 - WAN側にも存在

20160817__dl_001.jpg
DIR-850L

D-Link製の一部ルータ製品に脆弱性が存在し、WAN側からのリクエストによって任意のコードを実行されるおそれがあることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

CGIプログラムにおいてセッションのクッキーを検証する際に利用する一部関数に、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2016-5681」が存在するもの。WAN側で待ち受けるサービスでも同関数が使用されているという。

「DIR-850L Rev. B1」「DIR-895L Rev. A1」など複数製品の一部ファームウェアに脆弱性が存在しており、D-Linkでは脆弱性を解消したファームウェアを順次公開している。

(Security NEXT - 2016/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に重要度「高」の脆弱性2件 - アップデート実施を
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
「Drupal」がアップデートをリリース - XSS対策が不完全な脆弱性など修正
Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
iOS版「LINE」にMITM攻撃可能となる脆弱性 - SDKの脆弱性が影響
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も