Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず

スマートフォンにおいて、iOSやAndroidで動作するハイブリッドアプリを開発するために提供されているフレームワーク「Intel Crosswalk Project」に脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

同フレームワークの一部バージョンにおいて、SSLサーバ証明書の処理に脆弱性「CVE-2016-5672」が存在。不正なSSLサーバ証明書を1度ユーザが許可すると、それ以降にSSLサーバ証明書の検証を行わなくなり、正しい証明書が提供されている場合であっても、マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)を受けるおそれがあるという。

今回脆弱性が明らかになったことを受け、開発チームやセキュリティ機関では「Crosswalk Project」をアップデートし、アプリをリビルドするよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明