Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

真鶴町のサイトに不正アクセス - 改ざん被害

神奈川県足柄下郡真鶴町のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされる被害が発生した。情報漏洩については否定している。

同町サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)が、不正アクセスを受けたもの。4月11日にサイトを一時停止し、調査を行ったところ、外部よりサーバへ侵入され、改ざんされた形跡が見つかったという。

ただし、同町庁舎は別のネットワークで運営されており、不正アクセスによる情報流出については否定している。

同町ではサーバを新設し、4月20日にウェブサイトを暫定的に再開。サーバの停止よりまもなく1カ月を迎えるが、仮復旧の状態が続いている。不正アクセスを受けた原因や被害範囲の特定、サイトの復旧などを行っているという。

同町では、同町のサイト利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
語学学習支援アプリのGitHubアカウントに不正アクセス