Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

真鶴町のサイトに不正アクセス - 改ざん被害

神奈川県足柄下郡真鶴町のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされる被害が発生した。情報漏洩については否定している。

同町サイトで利用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)が、不正アクセスを受けたもの。4月11日にサイトを一時停止し、調査を行ったところ、外部よりサーバへ侵入され、改ざんされた形跡が見つかったという。

ただし、同町庁舎は別のネットワークで運営されており、不正アクセスによる情報流出については否定している。

同町ではサーバを新設し、4月20日にウェブサイトを暫定的に再開。サーバの停止よりまもなく1カ月を迎えるが、仮復旧の状態が続いている。不正アクセスを受けた原因や被害範囲の特定、サイトの復旧などを行っているという。

同町では、同町のサイト利用者に対し、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村