Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住宅の除染に関わる個人情報入りPCが盗難被害 - 郡山市

福島県郡山市は、一般住宅などの除染業務を委託している事業者の事務所において盗難が発生し、個人情報が保存されたパソコンが被害に遭ったと発表した。

同市によれば、1月21日19時から22日7時までの間に、村本建設の下請業者詰め所に、何者かが窓の鍵を外して侵入。キショウと相馬建設のパソコンやカメラが持ち去られたもので、出勤した従業員が盗難に気付き、警察へ通報した。

被害に遭ったパソコンには、一般住宅の除染前に打ち合わせを行う際の事前立会シート約200件分のPDFデータが保存されていた。またカメラには、作業状況を撮影した写真403枚が収められている。

今後は、個人情報を含むパソコンやカメラは現場事務所で保管せず、元請業者が一括管理するという。

(Security NEXT - 2016/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院