Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「i-FILTER」にeラーニング機能を追加

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングソフトの新版「i-FILTER 9.3」を提供開始した。

同ソフトは、不適切なウェブサイトへのアクセスを防止する企業向けウェブフィルタリングソフト。

今回リリースした新版では、eラーニング機能「Test Board」を追加した。1日の最初にインターネットにアクセスする際、セキュリティに関する選択問題を表示。毎日1問を出題し、正解しない場合にアクセスを制限できる。

また同バージョンより、情報通信研究機構(NICT)が提供する脅威URL情報をデータベースに追加したほか、SIEM製品との連携に対応している。

(Security NEXT - 2015/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化