Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MIND、SIEMを活用した標的型攻撃対策サービス

三菱電機インフォメーションネットワークは、SIEMのログ分析によりサイバー攻撃を防止する「標的型攻撃対策サービス」を11月6日より提供開始する。

同サービスは、各種セキュリティログをSIEMで一元管理し、24時間体制で標的型攻撃を監視、インシデント発生時の対応を支援するもの。同社独自の分析ルールだけでなく、三菱電機情報技術総合研究所の研究成果を活用した分析により、検出が難しい標的型攻撃にも対応するとしている。

月額利用料は30万円から。分析対象のログの容量により変動する。導入時の初期費用が別途必要。

(Security NEXT - 2015/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA