Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 甲南女子大

甲南女子大学において、学生の個人情報を保存したUSBメモリが所在不明となっている。

人間科学部総合子ども学科の准教授が9月25日に紛失し、その後所在不明となっているもの。捜索を続けているが発見されていないという。

問題のUSBメモリには、2013年度から2015年度に在籍している学生577人の氏名や学籍番号、成績情報、出席状況などが保存されていた。同大学では、対象となる学生に個別に対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2015/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
フィッシング対策協議会、3月の報告会を中止 - コロナ感染拡大で
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイト改ざんで外部サイトに誘導 - ケーヨーデイツー
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却