Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部への不正通信を確認、通信を遮断 - 日本クレジット協会

日本クレジット協会は、協会内部から外部へ不正な通信が行われていたことを明らかにした。マルウェアへ感染している可能性もあるとして、調査を進めている。

20150805_cr_001.jpg
不正通信について調査を進めている日本クレジット協会

同協会によれば、外部機関より7月28日に指摘を受けたもので、外部との通信を遮断した。消費者相談は、ウェブ経由の受付を停止しており、現在は電話のみの対応となっている。

同協会では今回の問題を受け、マルウェア感染の可能性も含めて調査を進めており、詳細が判明次第、公表する予定。また個人顧客のクレジット取引に関する情報は保有していないと説明、情報漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
「Linux」狙う新種マルウェア「SpeakUp」 - 多くの製品で検知すり抜け
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省