Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部への不正通信を確認、通信を遮断 - 日本クレジット協会

日本クレジット協会は、協会内部から外部へ不正な通信が行われていたことを明らかにした。マルウェアへ感染している可能性もあるとして、調査を進めている。

20150805_cr_001.jpg
不正通信について調査を進めている日本クレジット協会

同協会によれば、外部機関より7月28日に指摘を受けたもので、外部との通信を遮断した。消費者相談は、ウェブ経由の受付を停止しており、現在は電話のみの対応となっている。

同協会では今回の問題を受け、マルウェア感染の可能性も含めて調査を進めており、詳細が判明次第、公表する予定。また個人顧客のクレジット取引に関する情報は保有していないと説明、情報漏洩を否定している。

(Security NEXT - 2015/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
Linuxカーネルにリソース枯渇する脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性