Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、深刻度「緊急」の定例外パッチ「MS15-078」を緊急リリース

マイクロソフトは、7月15日の月例セキュリティ更新に続き、あらたに定例外のセキュリティ更新「MS15-078」を急遽公開した。脆弱性はすでに公開されており、早急に更新プログラムを適用するよう呼びかけている。サポートの終了直後となる「Windows Server 2003」に対する影響はわかっていない。

20150721_ms_001.jpg
定例外のセキュリティ更新となった「MS15-078」

「MS15-078」は、「Adobe Type Managerライブラリ」の「OpenTypeフォントドライバ」に存在する脆弱性「CVE-2015-2426」を解消するセキュリティ更新プログラム。

細工されたファイルやウェブサイトを開き、脆弱性が攻撃を受けるとリモートでコードを実行されるおそれがある。ゼロデイ攻撃は確認されていないが、脆弱性はすでに公開されているという。

マイクロソフトでは、15日に公開した7月の月例セキュリティ更新「MS15-077」において、「OpenTypeフォント」を管理するために用意されたATMフォントドライバに存在する脆弱性「CVE-2015-2387」を解消している。「CVE-2015-2387」は、イタリアのセキュリティベンダーであるHacking Teamにより明らかとなった脆弱性だ。

同社は、今回明らかとなった「CVE-2015-2426」を修正するにあたり、「MS15-077」における「3077657」を、「MS15-078」のプログラムで置き換えることで対応した。

「CVE-2015-2387」は、「Windows Server 2003」にも影響があり、「MS15-077」が供給されたが、7月15日にサポートが終了したことから、「MS15-078」の提供対象外となった。今回の脆弱性「CVE-2015-2426」が「Windows Server 2003」に及ぼす影響などもあきらかとなっていない。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生