Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小諸市への不正アクセス、メルアド793件の流出が判明

長野県小諸市のメールマガジン配信サーバに対し不正アクセスが発生した問題で、登録者のメールアドレス793件が流出していたことがわかった。

同市では、7月3日に警察からの連絡で不正アクセスが発覚。その後調査を続けていたが、メールマガジンの登録者に関するメールアドレス793件と、管理者のIDおよびパスワードが流出していたことが判明した。配信システムで利用するソフトウェアの脆弱性が攻撃を受けたという。

同市では、セキュリティ対策を実施し、安全性が確保できるまで、メールマガジンの配信を休止する。また、対象となる登録者には、メールで報告と謝罪を行うとしている。

現時点で、迷惑メールなどの被害は報告されていないが、不審なメールや不正アクセスを講じた詐欺などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 高知言語聴覚士会
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出