Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとトレンド、脅威検知のログ解析で連携ソリューション

日本IBMとトレンドマイクロは、サイバー攻撃の脅威検知におけるログ解析の分野で連携ソリューションを展開する。

今回の取り組みは、セキュリティ機器から収集したログや脅威情報を相関分析する「IBM Security QRadar」と、トレンドマイクロのネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector」の連携ソリューションを展開するもの。

具体的には、トレンドマイクロのセキュリティリスク分析基準をQRadarのテンプレートとして搭載。同ソリューションのシステム構築サービスはSCSKが提供する。

今後は、トレンドマイクロのサーバセキュリティ対策製品や企業向けセキュリティ対策ソフトとQRadarとの連携も進めるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研