Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとトレンド、脅威検知のログ解析で連携ソリューション

日本IBMとトレンドマイクロは、サイバー攻撃の脅威検知におけるログ解析の分野で連携ソリューションを展開する。

今回の取り組みは、セキュリティ機器から収集したログや脅威情報を相関分析する「IBM Security QRadar」と、トレンドマイクロのネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector」の連携ソリューションを展開するもの。

具体的には、トレンドマイクロのセキュリティリスク分析基準をQRadarのテンプレートとして搭載。同ソリューションのシステム構築サービスはSCSKが提供する。

今後は、トレンドマイクロのサーバセキュリティ対策製品や企業向けセキュリティ対策ソフトとQRadarとの連携も進めるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
無償調査ツールにメモリ検査機能 - ファイルレス攻撃の判定に対応
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応