Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとトレンド、脅威検知のログ解析で連携ソリューション

日本IBMとトレンドマイクロは、サイバー攻撃の脅威検知におけるログ解析の分野で連携ソリューションを展開する。

今回の取り組みは、セキュリティ機器から収集したログや脅威情報を相関分析する「IBM Security QRadar」と、トレンドマイクロのネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector」の連携ソリューションを展開するもの。

具体的には、トレンドマイクロのセキュリティリスク分析基準をQRadarのテンプレートとして搭載。同ソリューションのシステム構築サービスはSCSKが提供する。

今後は、トレンドマイクロのサーバセキュリティ対策製品や企業向けセキュリティ対策ソフトとQRadarとの連携も進めるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA