Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務用端末に無関係のアプリ - 「話のネタのため」2割

職場から貸与されたスマートデバイスに、業務に関係ないアプリをインストールしたことがある従業員は4割にのぼることがわかった。話のネタや、個人端末にインストールしたくないとの理由でアプリをインストールしているケースもあるという。

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)が、組織におけるインターネット利用実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は、従業員500人以上で、業務でスマートデバイスを貸与している法人を対象に、2月23日から24日にかけてウェブ上でアンケートを実施。管理者541人、従業員589人から回答を得た。

組織が支給した端末へ個人的にアプリをインストールしたことがあるか尋ねたところ、従業員の55%が業務に関係あるアプリをインストールしたと回答。また39.4%は業務に関係のないアプリをインストールした経験があった。17.7%はシステム上インストールできなかったと回答している。

業務に関係ないアプリをインストールした従業員に理由を尋ねたところ、業務に関係ないアプリであるものの、「間接的に業務に役立つと思った(63.4%)」「将来的に業務に役立つと思った(28.9%)」と答えている。

さらに23.7%が個人で端末を所有していないことを理由に挙げたほか、「話のネタになると思ったから(21.1%)」「個人端末にインストールしたくなかったからインストールした(8.6%)」「個人端末にインストールするのが面倒だったから(6.9%)」といった理由も見られた。

またSNS関連のアプリに関して尋ねたところ、従業員の19.4%が、貸与されたスマートデバイスを利用して、業務時間中にSNSの個人アカウントに書き込みをしたことがあると回答。一方、14.2%のシステム管理者が、従業員のSNS利用でトラブルを経験していたという。

(Security NEXT - 2015/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場
教員が個人情報や試験問題をSNSに掲載 - 名古屋大
「comico」で一部ユーザー情報が誤表示される不具合 - サービス開始時から
comico、公式Twitterアカウントの投稿画像に個人情報
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
退学者などの個人情報がSNSに流出 - 大阪の府立高校
Tweepieからアカウント情報5.5万件が流出 - 不正ログイン攻撃に悪用される
個人情報収集を指摘された従業員は退社、顧客への影響否定 - エフセキュア