Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、SOC向けソリューションを提供開始

EMCジャパンは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)向けソリューションを提供を開始した。

今回投入した「RSA Advanced SOCソリューション」は、ネットワークやアプリケーション、エンドポイントなど、企業におけるデータを活用し、脅威を検知するソリューション。4製品で構成されている。

「RSA Security Analytics 10.4」は、ログやパケットから脅威の検出、分析できる製品。さらにエンドポイントで未知のファイルを分析し、マルウェアを検知する「RSA ECAT 4.0」、インシデント対応プロセスを標準化する「RSA Archer Security Operation Management」、SOC向けコンサルティングサービス「RSA Advanced Cyber Defense Practice」などによりSOCの運用をサポートする。

価格は個別見積り。またコンポーネントを単独で導入することが可能。

(Security NEXT - 2014/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍