Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産経新聞、健康情報サイトを閉鎖 - 不正アクセスによる改ざんの可能性

産業経済新聞社は、同社が運営するウェブサイト「産経ヘルス」が、不正アクセスにより改ざんされた可能性あるとして、サイトを一時閉鎖した。

改ざんされた可能性がある「産経health」は、医療や健康に関する情報を提供しているウェブサイト。外部からの不正アクセスにより、サイトを書き換えられた可能性が高いという。

同社では29日にサイトを閉鎖。原因や被害状況について調査を行っており、30日の時点では「サーバメンテナンス中」となっている。

(Security NEXT - 2014/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
家具通販サイトでクレカ情報流出 - 不正利用も
正規メルマガ機能がフィッシングの踏み台に - ロックファッションサイト
キャラグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
ライブハウスのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ